税理士ブログ Blog

日々、税理士業務を行うにあたって、経験したこと、感じたことを関与先の守秘義務を順守しつつ、わかりやすく文章にしていきたいと思いますので、お付き合いください。

2015年5月

空家用地への固定資産税等が高くなる 2015.05.16

昨日、平成27年度税制改正(政令対応版)の研修へ行ってきました。大阪の著名な先生が講師を務められていますが、この先生の講義は案外気づきににくいが、実務上重要な案件をピックアップしてくれるため、非常に参考にさせていただいています。

ところで、最近新聞広告などで「空家対策」という見出しをよく見かけませんか。というのも、この27年度税制改正で空家の敷地になっている土地に対する固定資産税(都市計画税を含む)の課税が強化されることになりました。

ご自宅をお持ちの方はご存じのとおり、住宅用地に対する固定資産税、都市計画税は通常の土地より優遇(特例措置:1戸につき200㎡以下の場合、それぞれ1/6、1/3に減額)されており、その上に立っている家屋は空家であっても、同様に特例措置が適用されていました。ところが、今回の改正で、特例措置(空家等対策の推進に関する特別措置法:平成27年5月26日適用)で特定空家等(倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態、著しく衛生上有害となるおそれのある状態など)に該当した場合、その減額が受けれなくなりました。

200㎡以内の土地で評価額1,000万円のケースでは、土地の固定資産税(都市計画税を含む)が3.57倍になるとのこと。最近、確かに人口減の影響か空家と思われる住宅を見かけますが、土地の有効活用のきっかけになればと思いました。

狛坂磨崖仏を観る 2015.05.05

滋賀県には興味深い史跡や寺院が多くあります。その中でも書籍などでいつか行ってみたいと思ってたものに、栗東市荒張地区にある狛坂磨崖仏かあります。栗東市荒張地区は仕事で行きますが、この磨崖仏(自然の岩壁に彫られた石像のこと)のある場所は、荒張地区でもかなりの山間部にあり、なかなか行く機会がありませんでした。今日はこの連休を利用してようやく拝見する機会となりました。

草津市国道1号線から道の駅こんぜの里りっとうまで車で約30分。この辺までいくとさすがに民家は少なく、今は田植えの前で、このように棚田の風景にも出会えます。

IMG_5127

道の駅からさらに道幅が狭い林道(金勝寺経由)を行けるだけ行くこと約20分。行き止まりの駐車場(馬頭観音堂前)に車を止め、ハイキングコースを歩きます。歩き出した時刻が午前8時ごろだったため、行きはだれともすれ違うことはありませんでした。途中からは傾斜のある岩場を下ったりして多少体力がいりましたが、午前8時半ごろ無事狛坂磨崖仏と対面です。やはり朝早いのかだれもいませんが、一人で鑑賞できぜいたくな気分です。磨崖仏は写真で見るより岩の色が赤く、表情も丸みを帯びて、やはり大陸系の雰囲気がします。(白鳳期の作との説もあります)私たちは文明の力で簡単にたどり着けますが、当時の人たちはこのような山奥に、こんな石仏を創るという発想は、よほどの信仰心の表れだと感じました。

IMG_5125