税理士ブログ Blog

日々、税理士業務を行うにあたって、経験したこと、感じたことを関与先の守秘義務を順守しつつ、わかりやすく文章にしていきたいと思いますので、お付き合いください。

2019年2月

黒門市場の鮪 2019.02.21

今日は朝から法人の決算準備で大阪へ。毎年この時期にTKCの税効果会計システム「eTaxEffect」、連結納税システム「eConsoliTax」について新年度のフォーローアップを行います。システム自身の機能が向上している部分、所得拡大促進税制の改正などによる変更箇所を確認し、これで4月決算明けから早速対応できそうです。

昼食はすこし歩いて黒門市場でいろんな鮪をあつかっている『まぐろや黒銀』で。「ほんまもんの鮪」が売りのこの店も、それから市場の通りも、とにかくアジアからの観光客が多い。われわれ日本人は明らかに少数派になってしまい、彼らの迫力に圧倒されてしまいました。注文した「大トロ丼」は盛られた大トロが大きすぎてご飯が見えないほどですが、お昼間から新鮮でおいしい鮪をいただき、ほんのすこし贅沢ができました。IMG_0914IMG_0925

堅田の地ビールとギネススタウト 2019.02.11

先週夕方、ガイドブックにあった堅田のクラフトビールのマイクロブルワリー(小規模醸造所)へ寄ってみました。車で移動中でしたので、もちろんストックのあった3種類を持ち帰りで。ここ『近江麦酒(ばくしゅ)』は地産地消で滋賀県産の食材を中心に使用しており、近江米「みずかがみ」や滋賀県産ジャンボレモンなど使用されているとのこと。週末自宅で飲んでみると、果物を使用しているものは程よくフルーツの風味が残り、すこし「パナシェ」にちかい味わいがあります。店内はビアカフェも営業(不定期)されていて、すでに何人かお客さんがおられました。IMG_0884IMG_0893

市販のビールでいうと、わたしはアイリッシュパブの雰囲気が好きなので、行ったときはまずギネスの生ビールを注文します。アイリッシュパブは(飲み物を受け取ったらその場で精算する)キャッシュ・オン・デリバリーで気軽に飲めるところがいい。それから、たいてい外国人の常連客が居るので、日本に居ながら旅行気分にもひたれます。もうだいぶ前になりますが、アイルランドへ旅行した先々で飲んだギネスの生ビールは本当にクリーミーでおいしかった。そのあと、あの味は日本では味わったことはなく、現地にしかない味だと実感していますIMG_0907IMG_0909

『ビートルズの記録映画製作』 2019.02.04

上映中のクイーンボーカリストの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が話題になっています。また、新聞では「ビートルズの新たな記録映画を製作。1970年に発売された名盤『レット・イット・ビー』(写真上)のアルバム制作過程に焦点を当てた内容で、ロンドン市内のスタジオなどで撮影された計55時間に及ぶ未公開映像を基に編成。」の記事がありました。わたしはイギリス出身のロックバンド、ビートルズが好きですが、リアルタイムで記憶があるのはメンバーのソロ活動から。その頃ジョン・レノンは亡くなり、ポール・マッカートニーひとり活躍している状態でした。こちらの映画は、メンバー本人たちが登場するので、公開されたら観る価値ありかなと思います。Letitbe_single[1]512XV1STWEL[1]

記事のなかで、アルバム『レット・イット・ビー』を「名盤」と紹介されています。確かに名曲が収録された「名盤」ですが、同時期ビートルズの「名盤」といえば『アビイ・ロード』(1969年発売:写真下)の方でしょう。特にレコードB面に相当する後半の短い曲をつなぎ合わせたメドレーは素晴らしく、複数の曲を連続して聞くアルバムの良さが発揮されています。このメドレーの半分以上はポール・マッカートニーの作品で、ビートルズ解散直前は彼がグループのイニシアティブをとっていたのがよくわかります。