税理士ブログ Blog

日々、税理士業務を行うにあたって、経験したこと、感じたことを関与先の守秘義務を順守しつつ、わかりやすく文章にしていきたいと思いますので、お付き合いください。

滋賀県、飲食業ほかの事業販路開拓等の支援策を発表 2021.03.29

先週、滋賀県より緊急事態宣言の再発令により影響を受けた県内の中小企業等を対象に『新型コロナウイルス感染症対策経営力強化支援事業【緊急枠】』として、「売上確保のために行う緊急的な取組に必要な経費の支援(A)」および「国の一時金支援金(B)への上乗せ」が実施されることが発表されました。((A)、(B)いずれか一方のみ申請可能)

(A)の売上確保支援の場合、対象者は飲食業・飲食関連事業を中心に緊急事態宣言の再発令により影響を受けた県内の中小企業者等(対象業種は飲食業以外にも多岐にわたっており、申請時に確認が必要です)で、飲食店の時短営業または不要不急の外出・移動の自粛により、2019年比または2020年比で2021年の1月、2月または3月の売上が30%以上減少(国の一時支援金は50%以上減少で、適用範囲が広いです)している県内に事務所または事業所を有する事業者になります。

(A)の売上確保支援の対象事業は、売上確保のために実施する販路開拓等の取組に必要な経費(例:テイクアウトやデリバリーに要する経費、新商品開拓や新業態への進出に要する経費)が対象で、実際に購入したことが分かる領収書・レシートが必要ですが、支援される補助金は限度額 50万円(下限 20万円)・補助率 9/10以内になります。受付期間はオンラインによる申請であれば令和3326日~430日(郵送申請:45日~423日)、問い合わせは滋賀県経営力強化支援センター(0570087770、平日 9:0017:00)で、すでに受付を開始しています。